お取扱い方法・注意事項

陶器

陶器の底には、ブランドのロゴである絡み合うAVの文字と、製作した職人のイニシャルが刻まれています。また、釉薬をかけて陶器を焼く際に乗せる台の跡として、釉薬が欠けたようにも見える箇所が3箇所ある商品がありますが、こちらは不良ではありません。

釉薬のむら、軽度なゆがみやガタつき、左右の非対称さは商品の個性です。

このような特徴や品質を理由とした返品・交換はお受けいたしかねますので、予めご了承くださいませ。また写真と実際にお届けする商品では、釉薬のかかり具合に差があるものがありますが、良品の範囲内での個体差と判断した商品ですので、これを理由とした返品・交換は不可とさせていただきます。

その他、返品・交換の注意事項は こちら をご確認ください。

 

使用上の注意点

長くご使用いただくため、以下の注意事項をご確認ください。
・電子レンジ、オーブンでの使用はお避けください。急激な温度変化は、貫入(ひび割れ)、破損の原因となります。
・手洗いをお勧めしますが、食洗機を使用する場合は、釉薬に影響を与えないよう水温55℃以下で洗ってください。
・食洗機の洗剤は、無リン洗剤をご使用ください。

 

インセンス

使用方法

棒状のお香 1 本の先端に火をつけます。炎を吹き消して煙を立ちのぼらせます。お香立てや香炉、または砂や米粒で満たしたボウルに立てます。燃焼を途中で止める場合には、火のついている先端を軽く潰します。そのままの状態で、再利用が可能です。開梱した際、稀に折れているものがある場合がありますが、不良品ではございません。そのままご使用ください。

使用上の注意点

目の届かないところや、子供や動物が触れることができるところでは、決してお香を燃焼させないで下さい。燃えやすいものの近くでは使用しないで下さい。

 

パフュームキャンドル

使用方法

燃焼を最大限安定化させるため、使い初めに 時間連続燃焼させます。次いで、 時間単位の燃焼を数回繰り返すことにより、香りの真髄を引き出します。完璧な燃焼状態を維持するため、使用毎の灯芯カットを推奨しています。これにより、常に灯芯をキャンドル中央に保ち、容器の黒ずみを防ぎます。

 

使用上の注意

すべてのパフュームキャンドルに共通して、守らなければならないいくつかの注意点があります。目の届かないところや、子供や動物が触れることができるところでは、決して燃焼させないで下さい。 キャンドルは、風を除け、燃えやすいものの近くを避けて、耐熱性のある素材の上で使用して下さい。燃焼中のキャンドルを移動させないで下さい。熱いワックスに触れないで下さい。